事例紹介

道路維持管理システム

【道路異常管理、災害復旧対応、道路パトロール履行管理】

WebGIS を活用して、現場情報を『リアルタイムに情報共有』できる仕組みをご提供することで、業務効率化と的確な意思決定が実現できるようにしました。

「発生位置、災害規模、交通規制、復旧方針」など一連の作業が効率的に行われるようになるため、被災から仮復旧(交通解放)まで早期対応が可能となりました。

具体例

  • 調査員:現場をスマートフォンで写真撮影してメール転送、位置情報と写真が自動的にWebGIS上に登録される。
  • オペレーター:3G 通信回線GPS トラッカーを搭載したパトロール車をリアルタイムにモニタリング、車両の運行管理を行い、 緊急時には各車両に現場急行の指示を出す。また、WebGIS上に登録され、現場と共有された情報/写真をもとに、現場に指示を出す。

森林資源管理システム

【森林資源管理、造林、山地災害・治山、林道・作業道、施業】

ブラウザで動作するGIS(WebGIS)を基盤にすることで、端末の増設や最新OS への移行に柔軟に対応できる森林資源管理システムを構築いたしました。

小班等の図形編集をはじめ、樹種別の配置図面作成等の解析処理も可能です。

具体例

  • 農林事務所:現地調査を行う際、対象資源の情報をWebGIS で閲覧し取得する。
  • 庁内業務担当者:「造林業務」、「山地災害・治山業務」、「林道・作業道業務」、「施業業務」にあたり、WebGIS で検索、業務データの作成を行う。
  • 庁内システム管理者:「樹立データ作成」、「年度更新」などを対応し、市町村・森林組合・県民に対して、森林資源情報を公開する。

画像解析

「航空写真」や「衛星写真」、「UAV 画像※1」を基に、画像解析を行うことで、様々な情報を把握・予測できます。

具体例

  • 色による解析    ⇒ 「分布状況」の把握
  • 色と模様による解析 ⇒ 「分類」の把握
  • 高さによる解析   ⇒ 「地表面からの高さ」の予測